スーツのサイズ表記がよくわからない!A体?B体?これを読めば解決!

こんにちは!スーツスタイルMARUTOMIです。

 

夜も冷えてきてそろそろ冬突入というところでしょうか。
オールシーズン言えることですが、スーツもシャツもコートもサイズが合っていないと、だらしなく見える物です。
今回はそんなサイズ表記についての記事です。

 

 

 

 

スーツサイズとは?

 

チェスト、ウエスト、身長を元に、日本の国家規格(JIS)によって「成人男子用衣料のサイズ」が定められています。

ちなみにJIS=Japanese Industrial Standardsの略で、日本産業規格という意味です。

 

区分は2つあり、体型区分身長区分があります。

 

体型区分というのは、チェスト(胸)とウエストの寸法差によって区分されるもので、これがよく耳にする“A体”“B体”というものです。

 

体型 意味
J体型 チェストとウエストの寸法差が 20cm の人の体型
JY体型 チェストとウエストの寸法差が 18cm の人の体型
Y体型 チェストとウエストの寸法差が 16cm の人の体型
YA体型 チェストとウエストの寸法差が 14cm の人の体型
A体型 チェストとウエストの寸法差が 12cm の人の体型
AB体型 チェストとウエストの寸法差が 10cm の人の体型
B体型 チェストとウエストの寸法差が 8cm の人の体型
BB体型 チェストとウエストの寸法差が 6cm の人の体型
BE体型 チェストとウエストの寸法差が 4cm の人の体型
E体型 チェストとウエストの寸法差がない人の体型

 

 

身長区分というのは、そのままの意味で身長によって区分されるものです。

こちらは5号、6号のように表記されます。

 

記号 2 3 4 5 6 7 8 9
身長(cm) 155 160 165 170 175 180 185 190

 

またこれらは全てヌード寸法であり、実際の体を測った寸法です。

 

 

 

サイズ表記

 

正式な成人男子用衣料のサイズは、チェスト、ウエスト、身長で呼ばれたり表記されていて、

たとえば「94YA7」の場合は、チェスト94cm、YA体型、身長180を表してます。

 

最近ではスーツでもS,M,Lサイズでの表記や、ウエストサイズ×身長を目安にしているところもあります。

 

当社は、お客様が簡単に自分のサイズを把握できるようにウエストサイズ×身長を目安にした簡単なサイズ表と、
さらに詳しく知りたい人に向けたJIS規格に基づいた表と商品実寸サイズを載せた表をご用意しております!

 

↓MARUTOMIサイズ表例↓

 

 

スーツを買うための必須項目と測り方

 

まずスーツを購入する際に重要なのが、胸囲(チェスト)、胴囲、(ウエスト)身長です。

さっそくメンズヌード寸法の測り方からご説明します。

 

①胸囲(チェスト)

両脇の付け根あたりからメジャーでぐるっと水平なラインで測ります。
※この時両腕は下した状態で測ることがポイント!

②胴囲(ウエスト)

これはよく勘違いされる方がいますが、腰回りの一番細いところ(おへその辺り)で測ります。
こちらも一番細いところから水平なラインで、腕を下した状態で測ってください。
※もちろんおなかは引っ込めずに!自然な状態で!

③身長

自分の身長は把握している人が多いのではないでしょうか?
成長期ではない限り、健康診断等で測ったサイズで選びましょう!

 

 

ここまでが“94YA7”のようなJIS規格サイズを導くための必須項目です。

 

ですが腕が長かったり肩幅が大きかったりと人間の体型は人それぞれなので、「どうしても袖は長いものが良い」というのであれば、既製服なら商品実寸サイズを見て大きめのサイズを買う事をお勧めします。

 

また、JIS規格で合わない人はオーダーをお勧めします!

 

 

 

知っておくと便利!色々なサイズ

 

・ヒップ

・ミドルヒップ

・肩幅

・袖丈

・裄丈

・首回り

・股上

・股下

 

と色々あります。

今回は割愛しますが、また後日ヌード寸法の測り方をまとめた記事を公開します!

 

 

まとめ

・スーツは基本的にはチェスト、ウエスト、身長で区分されたJIS規格サイズというものを目安にする

・スーツを買う時に重要なのは、とりあえずチェスト、ウエスト、身長!

・まずは自分の体型を把握しておくこと!

 

 

自分の体型を把握し、JIS規格サイズに当てはめれば大きな間違いは出てこないと思います。

 

ネットでの購入は「サイズがわからない」、「試着できない」という事が一番の不安ですが、自分のサイズをよく知り、適切なサイズ表で照らし合わせればきっと、いいお買い物ができるはずです!

 

一度メジャーを持って測ってみてください!