スリーピーススーツのジャケットのボタンは留める?

こんにちは。
スーツスタイルMARUTOMIです。

 

スリーピーススーツを着るときにジャケットのボタンは留めるのかどうか気になった人は多いのではないでしょうか。
今回はそんなスリーピーススーツの着用方法をご紹介します。

 

 

スリーピーススーツとは

スリーピーススーツとは、全て同じ布で仕立てられたジャケット、スラックス、ベストこの3つ1セットのことを指します。
本来はこの3つ1セットのことを「スーツ」と呼んでいました。

現在ではツーピーススーツ、ジャケットとスラックスのセットのことを「スーツ」と呼ばれることが多いです。

 

今ではスーツ=ツーピーススーツの認識でも問題ないでしょう。

 

ツーピーススーツのボタンの留め方

ツーピーススーツの基本は2つボタンなら第一ボタンを留め第二ボタンは外すことがマナーになっています。

3つボタンならディテールによりますが、普通の物なら第一ボタンと第二ボタンを留め、一番下は外しましょう。

 

・段返りボタンのスーツの場合
段返りボタンといってラペルの返りの部分にボタンが付いていることがありますが、第一ボタンは装飾なので真ん中の第二ボタンだけ留めます。

 

ベストのボタンの留め方

昔はベスト5個までなら全部留める、6個以上なら一番下は外す、一番下が横にずれていると個数に関わらず外すというのが昔のマナーでした。

現在の一般的な認識でベストの一番下は外す、というのがマナーになってきていますので一番下を外しておくのが無難です。

 

最近ではジャケット、ベストは一番下を外して着用するものとして仕立てられてますので、昔のこだわりを現在のスーツで試すと無理にシワが入り格好悪くなってしまうかもしれません。

 

 

 

 

そもそもなぜ一番下のボタンを外す?

 

一番は「不格好にならないために」です。
今のジャケットやベストは一番下のボタンを留めると不自然なシワが入ってしまいます。
これを避けるために外すのが今のマナーということですね。

 

着席する際はジャケットのボタンを全開にするというのも、窮屈になったりシワが入らないようにするためです。

 

昔は一番下のボタンも留めて着ることが当たり前だったようですが、現代のスーツの仕立てでは留めないほうが格好良く着こなせます。

ボタンを外す由来は諸説ありますが、スーツを着るならTPOやマナー、何よりも見た目でカッコよく着こなしたいですよね!

 

スリーピーススーツの着用方法

 

・シングルの場合

ベストは一番下のボタンは外し、ジャケットは全開でも留めてもどちらでも問題ありません。

 

スリーピースでジャケットのボタンを留めるとお堅くなりますので、スピーチなどでは留めるのもいいかもしれませんが、プレゼンなどで動きがある場合留めていると不格好に見えますので体を動かすことが多い場合はジャケットのボタンを外しましょう。

 

 

・ダブルの場合

ベストは同じく一番下のボタンを外します。
シングルと違うのが、「ダブルはベストを見せない」ことです。

 

立っている時はもちろん、座っている際もジャケットのボタンは外しません。
これはダブルのジャケットを全開にしてしまうと、だら~んと見栄えが良くないからです。

 

仕立てによりますが、基本は外さないこと。
お持ちのダブルスーツで着席する際にボタンが弾け飛ぶほどきついなら外しましょう。

 

 

 


 

おすすめスリーピーススーツ

~春夏物~
段返り3ツボタンモッズスタイルスリーピーススーツ/¥19,800

 

~春夏物~
ナローラペル・スタイリッシュ2ツボタンスリーピーススーツ
(パンツウォッシャブル機能)/¥16,800

 

秋冬春・スリーシーズン対応
ナローラペル 2ツボタンスリーピーススーツ・ナチュラルストレッチ
(パンツウォッシャブル機能)/¥13,800

まとめ


・一番下のボタンを外すのは不格好にならないため
・ダブルのスーツはボタンを外さない
・ベストの一番下は外しておくのが無難
・段返りボタンは留めない
・スリーピーススーツとは、全て同じ布で仕立てられたジャケット、スラックス、ベストの3つ1セットのことを指す

 

 

スーツは着るならカッコよく着たいですよね!

立つときと座るときにさりげなくボタンを留め外ししてみましょう。

以上「スリーピーススーツのジャケットのボタンは留める?」でした。

それではみなさまのご来店お待ちしております!

——————————————————————————

スーツスタイルMARUTOMIオンラインショップ

https://www.suit-style.jp/

——————————————————————————